りょん子の脳内で繰り広げられるサダヲ愛を日々綴っていきます。 目指すところは痛すぎる暴走妄想日記です。



プロフィール

笑え!

りょん子

Author:りょん子
FC2ブログへようこそ!

寝ても醒めてもサダヲサダヲ。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



カテゴリー



月別アーカイブ



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



サダヲリンク

阿部サダヲプロフ
大人計画HP
グループ魂HP
CMのCM
阿部サダヲさんのページ

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


妄想の発展
まぁ2度も偶然に同じことは起こらないっていうか、

自転車ドミノ倒し事件でサダヲに出会わなかったとしたら・・

運命的な出会いその2を考える章。


よく見かける「サダヲ遭遇話」は

スーパーで買い物中’サダヲ。

「お箸つけますか?」という店員に

「お願いします」と言うサダヲ。

どうしよう、考えただけでも目がハート・・否、脳がハートに。

私もスーパーの店員になりたい!!


というわけで脳内で展開してみました。



お弁当を手にレジに歩いてくるサダヲ。

高鳴る胸(限りなくAに近いBカップ)。

私:「お弁当温めますか?」(スーパーなのに

サダヲ:「お願いします」(スーパーなのに

温めてる間、サダヲをチラ見。


チン。


温め終わったお弁当を袋に入れる私。

私:「お箸はお付けしますか?」

サダヲ:「お願いします」

お箸を入れる私。


さらに勇気を出して

私:「ついでに私もお付けしますか?」

サダヲ:「お願いします」





完璧だ。




これしかない、これでいこう。


でもさ、どこのスーパーに来るかなんて、わからないわけ。

だからもう仕方ないから、スーパーというスーパーの店員になる。

ある意味スーパースーパー店員になる。

ギネス載っちゃうくらいスーパー目指す。

あれ、なんか違う目標できちゃったよ?

まぁギネス無理だとしても、新聞には載る勢いで。

で、『 「すべてはサダヲ愛です!」という意味のわからないことを

コメントしていた 』 と書かれる。

ってこれじゃ、新聞載っただけで、出会えてない!!






嗚呼、もう一生分の幸運使い果たしてもいいから

サダヲに偶然会いたい。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。